足脱毛ができない人

 足脱毛ができない人というのは、どのような人を指すのでしょう。女性であれば、足脱毛というのは何としてでもしたい部位ですが、それができないとなれば悩みます。足をカミソリで毎回剃ると黒ずみの原因になるので、きちんと足脱毛するのが一番なのですが、脱毛サロンできれいに足脱毛をしようとしても、脱毛できない人がいます。

 それは、生理中の人です。生理中の脱毛は基本的に厳禁で、足脱毛も例外ではありません。なぜなら、生理中はホルモンバランスが乱れているからで、そうした時に足脱毛すると、肌荒れを起こす可能性が高く、炎症を起こしてしまいます。

 妊娠している女性も、ホルモンバランスが通常とは違う状態なので、足脱毛はできません。また、てんかんなどの持病を持っている人は、足脱毛が受けられないので注意しなければいけません。そうした人は、かかりつけの医者の許可が必要になります。

 そして日焼けしている人も、足脱毛を受けることができません。脱毛する場合、色の濃いところに光エネルギーが吸収されるので、日焼けしていると、そこにエネルギーが吸収されてしまい、結果、強い痛みを感じたり、腫れることがあります。